忍者ブログ

ソルトは宮城県・岩手県を中心にロックフィッシュやフラットフィッシュをメインとしたライトゲーム、 バスは福島県裏磐梯を中心としたスモールマウスバスなどのフィッシングレポートを山形から情報発信!!
06 2018/071 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 08
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[06/20 YASU]
[06/20 ぶっち]
[06/08 A-KEN]
[06/07 Ryuichi]
[05/30 YASU]

2018.07.16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/16

2007.12.19

ルアーローテーション

本日は久々の半島ボートロック釣行☆
今回はボートロック初挑戦のTAKUさんとの釣行です。
■DATE.2007.12.15 ■W:曇りのち雪 ■潮:小潮 ■水温:9~10℃ ■場所:牡鹿半島周辺
久々のボートロックへの期待とは裏腹に何気に風が強いのが今回の難点。
朝一のポイントに向う途中からスプレー被り捲くりでずぶ濡れで到着。
漸く釣りが出来る!と思ってエレキを降ろすと…今度は朝からエレキトラブル…。
最近乗っていなかったのでワンタッチコネクタが接触不良、波に揉まれながら処置完了!
さてさて待望の実釣開始!すると、スタート直後からアイナメ君好反応♪
反応が良かったのはチガークローで手のパタパタが猛烈アピール。このワーム、ヤバイかも☆
一方TAKUさんはパルスで反応が薄い様子。
自分の当たり方と比較しても確実にこの地合は甲殻系有利とホグを薦めると
やはり敵中でバイト多発となりました。
はじめは初ボートで底どりとアイナメのアワセのタイミングに困惑していたTAKUさんも
徐々に感覚を掴み始め連発モード突入です☆

1通りエリアを流した所でバイトも消えポイント移動。
すると今度はパルスを使っていたTAKUさんにバイト多発、
クロー系を使っていた自分にバイトがない状態に。。
そこで自分もパルスに変えてみるとこれが分かり易く反応が変わり出す結果に。
そしてパルスに反応が無くなったと思った時にホグ・クロー系を投入すると
遠のいていたバイトが戻ってくるという状況でした。
今回配線不良で魚探の映像を見ながらではないので確実には言えませんが、
ベイトの存在が大きく関係しているように思います。
1日の中でも、というか、数時間数十分単位でマッチザベイトのパターンが刻一刻と変化していて、
その変化にいかにアジャストしていくかが釣果を大きく左右するものと思います。
一度その日のストロングパターンを見付けても、
それを自ら否定するような真逆のルアーローテーションが必要なのかも知れませんね。

久々のプライベートボートロック釣行は、
TAKUさんの48cmがMAXとサイズはイマイチだったものの
やっぱりロックは楽しい~と改めて思えた1日でした。

それから、親子で出船していたチャンプ舎弟艇では
川村父が46.5cmのムラソイをキャッチ!!
こんなにデカいムラソイを見たのは初めてです☆
その他にもベッコウの40UPも釣ったとのこと!
チャンプ舎弟父スゲーなぁ~♪

■A-KEN
  Rod:パームス エクスプレションEXGC-706Z・EXRC-706
 ライン:フロロ14ポンド・16ポンド
  リグ:テキサス3/4・1/2oz+チガークロー・サムライホッグ・SWパルスワーム
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら