忍者ブログ

ソルトは宮城県・岩手県を中心にロックフィッシュやフラットフィッシュをメインとしたライトゲーム、 バスは福島県裏磐梯を中心としたスモールマウスバスなどのフィッシングレポートを山形から情報発信!!
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[06/20 YASU]
[06/20 ぶっち]
[06/08 A-KEN]
[06/07 Ryuichi]
[05/30 YASU]

2017.10.20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/20

2006.06.04

全湖スポーニング真っ盛り

曽原湖では金曜の夜、スポーニングしたとの情報の元
桧原湖ではどんな常態か気になりながら出船した。
■DATE.2006.6.3 ■W:晴れ ■水温:12.9~17.9℃ ■場所:桧原湖
曽原湖では昨夜スポーニングが行われたと聞き、
桧原湖の状態は?と思い朝一北にボートを走らせた
早稲沢キャンプ場前に着くと、一面ネストだらけ。
ネストの釣りが好きではないのでスピナベで上層付近を
手返し良くサーチして廻るが全くバイトがない
チェイスしてくる魚も一度も見受けられなかった。
シャローエリアにはスポーニングでネストを張っている以外の魚が少ないと判断し
前回、好調だったイカリ潟に入ることにした。
するとさすが6月の桧原湖!いかり口からボートだらけ
カバー下には魚は入っているが相当なボートプレッシャーで
なかなか口を使ってくれない
朝から10気圧も下がった事も相したのか
ジグヘッドのスイミング・カットテールの表層トゥイッチで反応を得ることが出来た。
その後、ボートの数に見切りを付け再度本湖へ。
風向きも考え風下のベイトが溜まるポイントへ移動すると、
今年初か…久々にバスのスクールの画像が魚探に出た。
ここでは、中層2m付近を往来するスクールと6m底ベタのスクールが存在して
ボトムではライキャロ、中層ではミドストで連続ヒットとなった

今回の桧原湖を振り返ってみると、
次のプリグループはシャローに少なく、ネスト釣りをしない人には厳しい1日だった。
今度の週末の大潮に向け次のグループがシャローに指すのではないかと思われる。
■A-KEN
  ・ジグヘッド
  Rod:EXSS-66UL ライン:フロロ3ポンド
  1/32ozジグヘッド+サターン3inc
  ・キャロ
  Rod:EXGS-762 ライン:ファイヤー8ポンド
  3.5gリーダー4ポンド パラマックス3inc
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら