忍者ブログ

ソルトは宮城県・岩手県を中心にロックフィッシュやフラットフィッシュをメインとしたライトゲーム、 バスは福島県裏磐梯を中心としたスモールマウスバスなどのフィッシングレポートを山形から情報発信!!
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[06/20 YASU]
[06/20 ぶっち]
[06/08 A-KEN]
[06/07 Ryuichi]
[05/30 YASU]

2017.12.14

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/14

2007.01.22

真冬のたんぽぽ

他のエリアよりも海水温低下が早く、それゆえ終わりを迎えるのが早い某離島エリア。
今回はここ最近ないほどの凪の状態だったので今シーズン最後のこの離島釣行です。
■DATE.2007.1.21 ■W:晴れ ■潮:中潮 ■場所:宮城県某離島
例年にない程の暖冬傾向の今年も周りの情報からもそろそろ終盤を迎えて来ました。
今年も何度か足を運んだこの離島エリアですが、
凪のコンディション悪く思うように釣りが出来ない日も多々。
シーズン終わりを目前にして漸く釣りになりそうな穏やかな海況に恵まれ渡船。
流石にこの季節、今まで多く見られたロッカーの姿もこの日は私達のみ。

荒れの影響もバッティングも考える必要なく、逆にどこに入ろうか迷いながら
この日の一番最初にヒットしたのは、、、なんとバフンウニ…
年初めのアワビと良い、何を意味してるのか…嫌な予感 また釣れないの…?
しかし、この日は35cmほどと小さいですが、すぐに1本チャッチ出来一安心!
何故か、その後は全く反応なしでポイント移動。
ポイントを移動する度40~45・6cmサイズで釣れるものの、続かない。。
ある程度大きめのワンドでも1匹が限度。
しかも釣れるのは最初の小さなアフター♀以外は全て♂。
釣れ方は、何度も何度も良さげなコースを通して漸くモゾっと口を使う感じ。
バイトの数も釣った数と比例し、ホントに小さい個体は皆無状態。

この状況から推測するに、この離島エリア完全に終盤を迎えているように思います。
今回釣れた魚はスポーニング最終組のネストの♂のようで、
この♂達がネストから離れるとほとんどの魚が姿を消すと思います。
エリアによってはまだ続くようですがこのエリアは終息のようです。

そして、前に潜られ釣り損ねていた“忘れ物”ベッコウゾイ46cm。
今回は無事にとってくる事が出来ました☆
同じ魚かは不明ですが、同じワンドの同じ根周り、
気持ち良い1匹で今回の釣行を締め括ってきました。

しかし、今回の釣行でとても気になった事、、、、、、、
1月後半に入った真冬の東北、たんぽぽが花咲いていた…
もうすぐ、2月を迎えようとするこの季節とは思えない程の暖かさ…異常気象
咲く花に心奪われるどころか、恐怖さえ感じる1日でした。
■A-KEN
  Rod:パームス エクスプレションEXGC-767 ライン:フロロ16ポンド
  リグ:バレット3/4oz+リブ系
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら